ご挨拶

Message

なぜマイスターになろうと思ったのか?

なぜマイスターになろうと思ったのか?

2019年6月に、ハンドセラピスの施術を受け、とても衝撃を受けました!
それは、これまで長年セラピストとして経験していく中で、様々なセラピーを体験し、自分も技術を習得してきましたが、自分自身の体調や体型も、今までのどの施術よりもインパクトのある変化を実感したからです。(自身の実感として利尿効果、熟睡、視界明瞭、疲労回復、体が動く実感、小顔効果、肌質改善効果、体型の変化等)
ハンドセラピスは今まで私が施してきたハンド手技を活かしながら、それを増幅できるという可能性をとても感じ、初めてハンドセラピス施術を受けたその日に直ぐにハンドセラピス美容学院のベーシックライセンス講習に申込み、7月に取得しました。
取得して直ぐに今まで私の施術を受けてくださっているクライアントさんにハンドセラピスを受けていただきながら、多くの方から手応えの実感できる感想や、変化を目のあたりにしていきました。
それは、今までハンドのみの施術にこだわって一切の機器をボディケアに取り入れてこなかった私にとって、それまでの既成概念を覆す大革命でした。
そして、ハンドセラピスセラピスト仲間同士、勉強会や練習会の交流もでき、技術のシェアもさせていただく機会もあり、これなら再現性もあり、私でも多くの実力あるセラピストを育てる環境が作れるかもしれないと直感しました。
そして何よりも、どの施術より疲れにくいどころか、もっと施術していたいと思える方法は、ハンドセラピス以外に体験したことも聞いたこともありませんし、日々の施術後の体調に確信するものがありました。
さらにセラピスト仲間たちと交流していく中で、私の強い願いである【スゴイセラピスト集団のネットワークを世界中に作る】という私の夢に一歩近づけるイメージが湧きまして、10月にマイスター認定講師資格を取得しました。